確認とデータ収集

本当に浮気?それとも勘違い?浮気調査を頼む前に、自分でできる浮気チェック。

・ゴルフや出張、残業が増えた気がする。
本当にゴルフ?クラブや靴に汚れはちゃんとついてる?残業は一番のいいわけ。食事を済ませてきていませんか。

・携帯電話の通話料が上がっている。もしくはプラン変更をしている。
最近では、通話し放題なんてプランありますよね。今まで通話なんてしないからと、興味もなかったのに、急に通話料無料プランに変えたら?話す相手がいるということ。スマートフォンの場合、通話料無料のアプリを落としている場合があるので、通話料での確認は困難になります。

・車をチェック。車移動をするタイプなら、ダッシュボード・トランクを調べる。
ダッシュボードには、いろいろなものが入っています。人によっては領収書などを入れます。領収書は情報がいっぱいです。
みられては困るもの、家におけないものは、トランクのスペアタイヤゾーンになんてことも。
カーナビの履歴に不審な点は?行ったことのない場所への履歴、履歴がきれいに消されている。

・急に音楽の趣味が変わる。付き合う相手が変われば、音楽の趣味に影響が。他に、服装なんかも影響されることがあります。
こんな行動がパートナーに見られたら、浮気を疑った方がいいでしょう。
浮気の疑いが濃厚になったら、浮気調査を効率的に行うためにデータ収集を行いましょう。

・残業や外食、出張などの日にち、帰宅時間のデータを取ります。
メモ書きでもかまいません。カレンダーに情報をまとめてみれば、おのずと浮気しているであろう曜日や規則性が見えてくるものです。

・スーツや外出着のポケット、書斎のゴミ箱の確認。レシートや領収書を見逃してはいけません。レシートや領収書は立ち回り先が予測できます。
普段は触らないのに、急にスーツなどを触れば、相手に不審がられてしまいます。後の調査にも影響が出かねませんので、見つかる危険があれば、手を出さないのが鉄則です。

出来ることだけ、ばれないことだけをするのが肝心。浮気をしている時は相手もばれないか気にしているもの。ばれてしまえば、後の浮気調査の結果にも影響してきます。